創業の苦労は私にもありました

nayami「独立した時は、私も本当に苦労ました」

私の場合、お客様はほとんどゼロからのスタートでした。

なんとかお客様を増やそうと思って、

異業種交流会や関連団体の集まりに参加し

名刺交換をしたりしていろいろと駆け回っていたことを覚えています。

 

会合に参加するにも参加費がかかるものですから、

そのお金の工面にも苦労したものです。

 「独立したのは良いけれどこれからどうしよう」と、

不安で眠れない夜なんていうのはしょっちゅうでした。

 

家族を養って行かなければいけませんでしたから、

飛び込み営業のようなこともやりました。

創業当時は銀行からの借入でなんとか生活していたものです。

 

私の場合こうやって少しずつ人脈や経験を積み重ねて、

お客様を増やして今の事務所を作ってきました。

創業のときの苦しい経験が今の私の原点だったのではないかと感じます。

 

「創業時の社長さんって、結構孤独だと思います」

 創業したばかりの社長さんの多くは、私がそうであったように、

金なし・コネなし・お客なしであったりすると思います。

結構ひとりで頭を抱えて悩んでしまっていることが多いのではないでしょうか。

 

お金や経営の相談なんて誰に対しても出来るものでありませんから、 dodai

社長さんはひとりで悩んで、試行錯誤されることが多いのだと思います。

特に創業期は、困った時に何でも気軽に相談できる相手がいると、

辛い時でもなんとか踏ん張れたりできるものです。

 

私は財務会計という分野を通じて、社長さんにとって、

困ったことが起きたときに真っ先に頼っていただけるような存在になりたい

と願っているのです。

 

創業期の社長さんにとって一番必要なのは、

お金のことや経営のことを気軽に相談できる「相談相手」なのではないかと私は感じています。

 

お問合せフォームはコチラ

http://www.kusakabekaikei.jp/category/1201179.html 

 

 

 

お電話でのお問合せ・ご相談


0120-517-513
受付時間 9:00〜17:00(土日祝は除く)
※12月〜5月は土曜も受付
 shotyo.jpg

 

→ 当事務所の特徴

→ 税務顧問サービス

→ 資金繰り相談

→ 決算申告駆込みパック

→ 料金案内

→ お客様の声

→ 事務所概要

→ 税理士プロフィール

→ スタッフ紹介

→ お問合せ・ご質問

→ 相談のご予約

→ サイトマップ