決算申告に悩んだら?

kotukotu“決算”への準備をまだ行っていない、

どのように準備すれば良いのか分からないといった、

創業期にある会社に対して決算申告に必要となる予備知識と、

余計な税金を支払うはめにならないように、

決算という手続きの重要性をお伝えいたします。

 

 「決算申告とは何か?」

決算とは、1年に1回会社が実践してきたことを振り返り、

その行動結果を数字に表したもので、言い換えれば、

会社の通信簿を作るようなことを言います。

 

企業は年に1回、必ず決算業務をしなければいけない決まりになっています。

それは、法律で定められているということもありますが、

最も重要なのは、1年に1回決算をおこない、

会社の現在の状態を数字で把握し、

事業を存続・発展させて行くために、

必要なものであるということを社長自身が理解することが大切なのです。

 

決算申告を怠って成長している会社は無いと思ってもらっていいでしょう。

したがって、できれば、年に1回だけではなく毎月決算を行うような気持ちで

経理に取り組むことが出来れば、

間違いなく会社は成長・発展を遂げるものなのです。

 

 「そのまま無申告のままだと、どうなってしまうのか?」

では決算申告を行わずに無申告のままでいるとどうなってしまうのでしょうか?

やるべきことを自ら怠たっているわけですから、 konsa

本来払うべき税金の他に無申告加算税、

延滞税そして不納付加算税等の余計な税金を支払うことになってしまいます。

 

 また、このような方はいらっしゃらないかと思いますが、

明らかに納税額があるのに無申告にしておくことは最も危険です。

 

この場合、税務署は相当強行な手段にでてきます。  

特に、悪質な無申告の場合(売上を意図的に隠している場合等)税務署は税務調査を行い、

事実関係を把握した後に場合によっては刑事告発も検討します。

「知らなかった」では済まされないのです。

 

 しかし、創業期にある社長で、今回はじめての決算をむかえるといったような場合、

申告そのものの手続きをご理解されていないということがあったりするかもしれません。

「決算業務を自分でやろうとすると時間だけが浪費してしまいます」

決算申告の手続きを社長ご自身でやろうとされる方もごく稀にいらっしゃいます。

 

手続きそのものは自分でできないことはありませんが、

覚悟してください。まず時間と手間がかかります

(恐らく申告月の1カ月は本業の仕事が疎かになるでしょう)。

 

そして経験がありませんと正確なものはまず仕上がりません。

正確なものでないと、後日税務署から指摘を受け税務署に出向き時間がとられ、

そのうえ余計な税金まで払うことになってしまいます。

 

この様な悩みをお持ちの会社を、今までにもたくさんお手伝いして参りました。

お手伝いしてきた会社は、決算申告の悩みが解消されるだけでなく、

それに加えて資金繰り、融資、節税等のアドバイスが受けられるので

経営活動そのものが好転する傾向があるようです。

 

社長が決算月にバタバタしないようお手伝いいたします。

こういったことを何でもひとりでやろうとすると、何かと行き詰ってしまいます。

そんなときは、私みたいな人間を上手く使っていただけると良いと思います。

 

 

お電話でのお問合せ・ご相談


0120-517-513
受付時間 9:00〜17:00(土日祝は除く)
※12月〜5月は土曜も受付
 shotyo.jpg

 

→ 当事務所の特徴

→ 税務顧問サービス

→ 資金繰り相談

→ 決算申告駆込みパック

→ 料金案内

→ お客様の声

→ 事務所概要

→ 税理士プロフィール

→ スタッフ紹介

→ お問合せ

→ 相談のご予約

→ サイトマップ