新しい会社法のポイントと中小企業の対応策

新しい会社法の施行によって、

中小企業はどのような影響を受けるのでしょうか・・・。 

 

たとえば、「有限会社の商号は存続可能なのか?」

「株式会社は何もしなくてもよいのか?」

「新しく会社を設立する場合はどうなるのか?」

「計算書類の作成は従来の方法と異なるのか?」等、

 さまざまな疑問が思い浮かんでくる方も少なくないはずです。 

 

そのような、中小企業の経営者が新会社法について知りたい、

あるいは知っておくべき基本的ポイントなどご相談を承ります。 

 

定款変更や株主総会の決議、取締役会の設置、計算書類の作成など、

会社の根幹に関わる事項について適切に判断するために、

お気軽にご相談ください。

 

お問合せフォームはコチラ

http://www.kusakabekaikei.jp/category/1201179.html

 

 

 

お電話でのお問合せ・ご相談


0120-517-513
受付時間 9:00〜17:00(土日祝は除く)
※12月〜5月は土曜も受付
 shotyo.jpg

 

→ 当事務所の特徴

→ 税務顧問サービス

→ 資金繰り相談

→ 決算申告駆込みパック

→ 料金案内

→ お客様の声

→ 事務所概要

→ 税理士プロフィール

→ スタッフ紹介

→ お問合せ・ご質問

→ 相談のご予約

→ サイトマップ